2010年12月04日

復活くにがみ屋

息子(弟)に丸ラーメンを与えた妻は“ぼっか●やきそば”に向かったと思われたのですが、意表を突いて‘つけめん’を手に戻って来ました。
それも味こそ醤油・味噌・塩と異なるものの、続けて3人前を運んで来ました。
いつもならバラバラな品を並べて好みで選ぶのですが、同じ店で揃えるとは異例です…
それでも始めに汁を交換して味見をすると、私は醤油・息子(兄)は味噌・妻は塩味に落ち着きました。
現在の“くにがみ屋”は「つけめん専門・種子島商店」と名乗っているのですが、以前の店舗と同じなのでしょうか?
…とは言え、ここの‘つけめん’は私が苦手とする酸味が感じられないうえに麺が大盛でも価格が変わらないのが魅力です。
posted by バス釣職人 at 23:38| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。